24・25日クリスマスが平日でもFXトレードをしてはいけない理由

FXクリスマス 投資・お金

欧米がクリスマス休暇なのは知っていたが、FX取引まで休みになるとは知りませんでした。

OANDAは、カナダを本社とするFX会社だから当然と言えば当然なので日本国内でも休みのところが多いのです。

ただ、SBIFXは15時30分まで動きました。

結論から言うと、クリスマスはほぼ値動きがなくスプレッドだけ高く、クリスマスにトレードをやる意味はありません。

25日クリスマスSBIFXは動くがOANDAは休み

日本人的感覚では25日クリスマスより24日イブが大事だが、OANDA休業

24日のFXトレードは、それほど普段と変化はありません。

しいて言えば、あまり値動き(ボラティリティ)がないことくらいくらいです。

25日もトレードをするつもりでしたが、OANDAからメールが届き休業だと…。

「そうなの??」

日本人的感覚でいえば、クリスマスよりクリスマスイブの方が大事な日であるから、勘違いしていました。

やる気満々だったから、まさかの休業なのです。

SBIFX会社の25日クリスマスは15時30分まで

同じ頃、SBIFXからもメールが届きました。

25日クリスマスは、15:30分までトレードできるらしいのです。

ただし、流動性低下でスプレットが上昇する可能性があるとのことでした。

ちなみにライトFXもOANDA同様、休業です。

まとめ

12月25日のクリスマス当日は、FXトレードはお休みにする方が良いでしょう。

SBIFXは15時半までトレードできましたが、スプレットが開き値動きもなく、トレードできる状況ではありませんでした。

無知というモノは怖いものです。よくわからずにFXトレードをすることは大事なお金をドブに捨てる行為です。まずFX初心者は口座開設時のキャッシュバック狙い確実に稼ぐ方法をおススメします。

 

 

またFXトレードの勉強をしたい方は無料の教材もあります。FXをマスターしたい方はこちらがおススメです。是非参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました