マイナポイント事務局を名乗る『第2弾ポイント』詐欺メール解説

※本ページはプロモーションが含まれています。
マイナポイント詐欺 生活知恵袋

昨日、2023年10月19日のことでした。

突如このような題名のメールが届きました。

【マイナポイント第2弾】20,000円分のポイントプレゼント!

差出人は、『マイナポイント事務局』となっています。

しかしもうこの事業は終わっているはずですし、私ももうとっくの前に手続きをしてポイントをゲットしています。

「また例の詐欺メールだろうな」とすぐにわかったのですが、しかし人間とは欲深いもので「もしかしてまた2万円分のポイントもらえたりするのかな?」などとヨコシマな考えも少し頭をかすめました。

ということで。

少し調べてみました。

マイナポイント事務局からのフィッシングメール解説

まずはこのマイナポイント第2弾がまだやっているのか確認が必要です。

調べたところ、やはり2023年9月30日で終了していました。

 

 

「だよな。やっぱただの詐欺メールだったか」

結局騙されることもなく終わりました。

ただなかなか「ありそうな」メール内容ですし、メール本文内のリンクをクリックしてしまう人もいることでしょう。

 

メール本文

次にメール本文を全文引用しましょう。

 

【マイナポイント第2弾】20,000円分のポイントプレゼント!

マイナポイント事業とは

マイナポイント第2弾は、20,000円相当のマイナポイントを提供しています。
これはQRコード決済や電子マネーなどのキャッシュレス決済に利用可能です。
このプログラムは、マイナンバーカードの利用普及と消費促進を目指しています。
———————————————————————-
マイナポイントの申請手続き

以下の手順に従って、約1分で申請を完了させることができます。
———————————————————————-
★STEP1
専用の申請サイトにアクセスし、必要な情報を入力

★STEP2
マイナポイントの申請を行う

★STEP3
20,000円分のマイナポイントを取得し、ご活用ください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以下のボタンから申請を開始してください!

申請をはじめる

青文字の『申請をはじめる』に詐欺サイトのリンクが貼られています。

https://kdhtwa.com

.comのURLです。

文字列は適当で、マイナポイントとは関係ないことは言うまでもありません。

メールアドレス

今回もうメールアドレスを確認するまでもないのですが、一応見てみましょう。

admin@caconu.com

どう見てもマイナポイントとは関係なさそうです。

上記の詐欺サイトのURLとも文字列が違いますね。

このメールアドレスだと通常サイトのURLもそのままhttps://caconu.comになりそうなものです。

もしかしたらなんかアフィリエイト?か何かの一種で色々な人がメール送信のアルバイトをしているのかもしれません。フィッシングサイトに誘導出来たら何円みたいな?

話を戻しますと『.com』はカンパニー的な意味ですし、行政が使うアドレスには不適格でしょう。

実際マイナポイント事業のHPも『.jp』で終わっていますから、メールアドレスも同じく『.jp』で終わるはずです。

そもそもマイナポイント事務局は存在しない

ググってみて気づいたのですが、そもそも『マイナポイント事務局』という部署は存在しないようです。

総務省のマイナポイント事業』が正しい名称です。

ありそうな組織名なんですが無いのです。

詐欺グループはよくありそうでない名称を思いついたな~と敵ながら感心しました。

まとめ

今回は、マイナポイント事務局を名乗る詐欺メールを紹介しました。

まとめますと。

・第2弾マイナポイントプレゼント事業はもう終わっている。
・メールアドレスが偽物。
・サイトURLが偽物。
・そもそもマイナポイント事務局という組織も存在しない。

以上になります。

くれぐれも注意してください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました