スポンサーリンク
※本ページはプロモーションが含まれています。

約10年寮あり工場派遣生活体験談おススメ理由とメリットデメリット

工場派遣おすすめ 仕事/労災

工場派遣って知っていますか。

多分、あまりイメージは良くないと思います。「きつい」とか「ロボットのように働く」とか、そんな感じのイメージかもしれません。

しかし、実は、意外と穴場なのです。

かくいう私もあまりに居心地が良すぎて10年くらい工場派遣で働いてしまいました。

 

今回は、そんな工場派遣の意外とお得な実態などを紹介します。

スポンサーリンク

約10年寮あり工場派遣生活体験談おススメ理由とメリットデメリット

まず工場派遣は誰でも入れます。

一切、学歴も職歴も必要ありません。

健康な体一つあれば大丈夫です。

経験から、メリットデメリットを紹介したいと思います。

工場派遣のメリット

まずは工場派遣のメリットを紹介します。

即採用

職探しの面接は疲れるものです。

しかし工場派遣の場合はTシャツにGパンというラフな服装で面接に行ったとしても、ほぼ採用されます。

即入寮OK

工場派遣は大体寮完備 です。

寮と聞くと集団生活で二段ベッドとか、ルームシェアのようなものを思い浮かべる人も多いでしょうが、実際はただの1人暮らしです。

普通の1Rのアパートやマンションの借り上げ物件になっています。同じアパートに同じ職場の人がいない場合も多々あります。

敷金礼金など一切かからず、寮費(家賃)は給料引きになります。時期によっては家賃半額無料などのキャンペーンもあります。

カレシやカノジョと同棲したいけど部屋がない人などは、カップル入居可の求人もあります。

前借り

大体どこの派遣会社も前借りができます。

日払い週払いのところも結構あります。

私の経験談ですが、小さな派遣会社の社長がいい人で働く前から日当分といって1万円もらったこともあります。

食事

どの工場に派遣されるかによりますが、大手企業の工場に入れば立派な社員食堂があり大体300円くらいと激安価格で食べられます。

給料引き(後払い)で食べられる工場もあります。

人間関係

ほぼ気を使わなくても大丈夫です。

たまに勘違いした人たちもいますから、その時は無視しても構いません。

 

 

職場の人間関係も長くいようと思うからこその悩みです。「別にココがダメなら他に行けばいい」という派遣らしい気持ち(派遣スピリッツ)でいれば、特に悩みも生まれません。

社会保険

社会保険厚生年金に入れます。

病気になっても安心ですし、老後には厚生年金がもらえ安泰です。

有給

普通に有給休暇はあります。

長く勤めれば勤めるほど法律に定められたとおり加算されていきます。

仕事内容

仕事 は楽で、とにかく難しい作業などありません

他のサラリーマンのように家に帰ってまで仕事のことを考えたりする必要がありません。ですから逆にいえば仕事にやりがいを求める人には不向きかもしれません。

強いていれば立ち仕事が多いですから、足が疲れるくらいでしょう。

他人からの同情も使いよう

たまに同情される時があります。

これは派遣切りのニュースで騒がれていた時期の実話になりますが、市役所から税金滞納の電話がかかってきました。

「毎月5000円でも払ってください」

「派遣なんで明日の約束が出来ないんですよ…」

「あーそうなんですか…いくらなら大丈夫そうですか」

「500円なら…」

「派遣は大変ですよね」

こんな感じで同情され月々500円という破格の支払いになったこともあります。

工場派遣のデメリット

次に工場派遣のデメリットを紹介します。

社会的信用

デメリットに関しては上記のメリットと表裏一体みたいなところがあります。

多分、唯一のデメリットだろうと思いますし自分の力ではどうにもできないことですが、社会的信用安定感が無いことです。

派遣は雇用の調整弁ですから、当然のこととして派遣切りが起こり得ます。

 

 

ただその場合も今行っている派遣先をクビになるだけです。派遣切りにあっても他の派遣先を速やかに紹介してくれます。

さらに大手の派遣会社なら、休業補償(国の制度)として在籍さえしていれば6割の給付はあります。

あと親戚などに職業をいう時、ちょっとしたためらいを感じる場合も多々あります。

ボーナスなし

ボーナスは基本ありません。

賞与ありと書いている派遣会社もごく稀にありますが5~10万円くらいの寸志があればいい方です。

ヒドイところになると1000円を賞与と言い張る会社もありますから、ボーナスに関してははじめから無いと思っていた方がよいでしょう。

給料日

大体、月末締めの翌月20日~月末払いのところが多いです。

派遣のヒトは、なぜか趣味がパチンコという人が多いので給料が出ればみなパチンコの話になります。

 

 

 

工場派遣がオススメな人

以上のメリットとデメリットを踏まえた上で工場派遣にオススメな人を挙げていきます。

今すぐ働く

学歴が無い人

まず学歴がない人です。

中卒や高卒などでも大丈夫です。

もちろん現在こういう世の中ですから大卒もいます。

とにかく工場派遣には学歴は一切関係ありません。

家が無い人

次に住む家がない人です。

実家暮らしの方で1人暮らしがしたい人や、家賃滞納で追い出された人、離婚して住むところを探している人などには打ってつけです。

はじめから家具が付いているレオパレスもありますし、普通のアパートでもレンタル家具(大体派遣会社と提携しています)がありますから家具も必要ありません。

金が無い人

お金がない人にもおススメです。

前借りができます。

ちなみに面接に行っただけでその日にクオカード500円分をくれるところもあります。

夜型人間

あとは夜型人間です。

工場は大体シフト制ですから夜勤があります。

昼勤務と夜勤務を交互にやったりしますから、夜起きていることが苦にならない人にはおススメです。

オススメの派遣会社と派遣形態と工場

基本的に上場している派遣会社がオススメです。

株価が下落するような不祥事を起こしたくない為、変なことは出来ません。

コンプライアンス重視で経営しています。

上場企業NISSOホールディングスの持ち株会社である日総工産「工場求人ナビなら全国の求人情報 を掲載しています。

日総工産株式会社(にっそうこうさん)は、業務請負、人材派遣、人材紹介等の総合人材サービスを行っている日本の企業。1971年(昭和46年)2月3日に創業した、製造業分野における請負・人材派遣の大手。神奈川県横浜市港北区新横浜1丁目4-1にある日総工産新横浜ビル内に本社を置く。英名はNISSO CORPORATION。持株会社はNISSOホールディングス株式会社(にっそうホールディングス)。ー引用元:wikipedia

派遣と請負

工場派遣には2パターンあります。

・派遣先社員のなかで働くパターン。

・大手工場内の請負会社として同じ派遣会社だけで働くパターン。

上場している派遣会社は、大体、請負もしています。

派遣と請負はどちらがいいかは工場次第で一概には言えません。ただ請負の方がみんな同じ派遣会社ですから給料日も同じです。何となく話が合わないというデメリットは避けられます。

おすすめの工場

一番楽で快適なのは半導体工場になります。一年中、快適な温度で作業が出来ます。給料もそこそこあって体力も必要ありません。

がっつり稼ぎたい人は、自動車関連工場がおススメになります。自動車工場なら祝い金や満労金などボーナスのようなものがあります。

まとめ

今回は、工場派遣の話を紹介しました。

お金も家もなくても何とかなります。TシャツにGパンで、ひとまず面接に行ってみてください。気楽にのんびり生きましょう。

上場企業NISSOホールディングスの持ち株会社である日総工産の『工場求人ナビなら、寮つきの半導体工場から自動車工場まで全国の求人を掲載しています。きっとお好みの仕事が見つかることでしょう。

高収入や寮完備のシゴトが満載!
工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」

 

 

タイトルとURLをコピーしました