スポンサーリンク

借金?パチンコ脳?やめたい?パチンコ依存症克服独自治療で貧乏脱出

パチンコ脳依存症 生活知恵袋

パチンコ人口は、年々減っているそうです。

とはいえ、まだまだ日本中には、たくさんのパチンコ店があります。

パチンコをやめたくてもやめられないパチンコ依存症の方は多いと思います。

家族がパチンコにはまっていて生活費まで使い込み困っている方も多いと思います。

借金して、おまけに自己破産しても、こりない人が多いのがパチンコの世界です。

パチンコにはまると本人も家族も不幸になります。

確実にいえることは、いつまでたってもお金持ちにはなれません。

一生、貧乏のままです。

 

今回は、そんな百害あって一利なしのパチンコをやめる方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

パチンコ依存症の流れ

実は、つい1年ほど前までパチンコをしていました。

仕事の日も、休日の日も、ほぼ毎日です。

今では、全く行っていません。

まずは、どのようにしてパチンコ依存症になったのか順をおって紹介したいと思います。

パチンコにはまるキッカケ

結論から言うと、最初に勝ったからです。

はじめてパチンコに行ったのは、高校生の頃でした。

多分、その時、勝ったのだろうと思います。

多分と書いたのは、よく覚えていないからです。

パチンコ依存症者の大半は、ビギナーズラック(本当はビギナーズバッドですが)で勝ったからハマるわけです。

その後は、ほぼ惰性、習慣(悪習)で、負のスパイラル、パチンコ蟻地獄に陥ります。

パチンコ脳とは

パチンコ脳とは、病気というよりも、一つの条件反射的なものだろうと思います。

パチンコに行きだしてから「お金が足りない」と思うと、すぐにパチンコが思い浮かぶようになるのです。

そして、使ってはいけないお金を持って、パチンコ屋に行ってしまうのです。

勝ったことがあるから、パチンコを思い出すのでしょう。

大当たりの感覚です。

個人的な感覚でいえば、よく言われている光や音などでアドレナリンが出るからクセになるという話は、大嘘だと思います。

パチンコ脳の本質は、数字が揃い→玉(メダル)が増える、その一気にお金が増える感覚にあります。

そもそもお金が欲しいから行くのです。

パチンコに行く前の思考の流れ

ドツボにはまったパチンコ脳の思考法は、下記のようになります。

どうせ勝って増やさなければ支払いができない

負けたら借金すればいい

結果は同じさ

こんな感じです。

パチンコ脳と借金

しかし、実際は、どうでしょう?

もともと足りなかったとしても、さらにパチンコで負けた分まで、借金しなければならなくなります。

負のスパイラルを繰り返します。

1.パチンコに行って負けたけど支払いができた

2.パチンコに行ったから支払いができた

なぜか、このような考えになります。

その為、こりるどころか、支払いをする為には、パチンコに行かなければならないという奇妙な思考の流れが出来てしまいます。

このパチンコ脳が、パチンコ依存を引き起こします。

消費者金融での借金

普通の人なら、お金が必要な時は、利息が安い銀行などから借りることと思います。

しかし、パチンコにはまりだし、数時間で数万円負けるようになると、利息なんてどうでもよくなります。

それに加えて、今日明日の生活費まで使い込んでいますから、すぐに貸してくれる消費者金融に走ってしまうわけです。

もし今現在、借金に悩んでいる方は、全国に事務所を展開している【司法書士法人杉山事務所】 へ相談してみてください。

ちなみにパチンコのせいで、現在、家賃滞納などで部屋を追い出されそうな方は、とりあえず派遣会社の寮に入る方法もあります。

 

 

パチンコ脳にとっては自己破産も人のせい

パチンコ依存症者にとって、自己破産はよくある話です。

消費者金融で貸してくれるところがなくなると、銀行も貸してくれませんから、自己破産するしかありません。

パチンコ脳の恐ろしいところは、誰の目から見ても原因はパチンコですが、本人だけは気づいていません。

逆に、消費者金融のせいにします。

実際は、ただパチンコで使い込み、支払いがきつくなり、サラ金の支払いができなくなったのは自分です。

しかし、パチンコ脳には通用しません。

反省がないから、また自己破産して免責がおりるとパチンコ、そして、また借金して自己破産します。

こういう負のスパイラルをエンドレスに繰り返すことになるわけです。

スポンサーリンク

パチンコ依存症に陥る根本原因

なぜ、負けても負けても、パチンコに行きたいと思うのでしょうか。

その大きな理由に、これまで述べてきたように、そもそもビギナーズラックで勝ったことによる独特の思考方法(=パチンコ脳)があります。

生活を改善することをしないで、「すべてはパチンコに勝てば改善する」という恐ろしい考え方です。

このあたりのことを、パチンコ依存症者の視点から見ていきましょう。

そもそも生活費が足りない

よく生活保護受給者がパチンコに行ってニュースになっています。

あれと同じ原因です。

そもそも収入が少ない人がパチンコに行っています。

生活費が足りない→パチンコで増やさないといけない、と思うわけです。

あなたや、あなたの知っているパチンコ依存症者はどうですか?

パチンコで勝ったら…という言葉が口癖になっていませんか?

この「パチンコで勝ったら」が、パチンコ依存症者の決まり文句です。

とはいっても、実際は、パチンコに行かなければ、普通に生活できるわけです。

ただ一つの解決策がパチンコで勝つですから、誰が考えてもおかしいですよね。

パチンコに行くことで、そもそも少ない生活費をさらに少なくしてしまい、生活できなくなるまで自分で自分の首を絞めているわけですから。

パチンコ以外の趣味がない

これもよくパチンコ依存症者が言う決まり文句です。

パチンコ依存症者は、よく、こう言います。

パチンコやめたら、やることがない

パチンコしない人から見たら、パチンコで負けるくらいなら、家でTVでも見ていた方がいいだろうと思うだけです。

しかし、パチンコ依存症者は「よくない」と言います。

正直、この「よくない」理由がわかりませんが、パチンコ依存症者の間では「わかる、わかる」と頷きあいます。

これが、パチンコ脳です。

パチンコに行かないと生活できない、と自己洗脳している状態です。

 

スポンサーリンク

パチンコ依存症の克服とオリジナル治療法

ここまでで、パチンコ依存症になる原因がわかったと思います。

では、どうすれば、パチンコに行かなくなるのでしょうか?

まず、個人的には効果なしと思うNG項目からあげていきます。

病院に入院

まず、誰もが思い浮かべるだろうと思います。

パチンコ依存症治療のための病院があります。

正直、まったく意味がないと思います。

同じ依存症として、覚せい剤を思いだしてみてください。

覚せい剤依存症者も、刑務所に入ったり、病院に入院している時はやめることができます。

しかし、シャバに戻れば、また同じことです。

退院して元の生活をはじめれば、またパチンコに行くことになります。

ずっと入院しておくのなら話は別です。

違う趣味を見つける

パチンコをやめたい人や、やめさせたいと思う周りの人が、よく思いつくことです。

「パチンコ以外の趣味を見つける」

男性だったら、大体、「釣り」と決まっています。

はじめは「釣りは、金かからないしね」とか言うのです。

しかし、そのうち「釣具代を稼ぎにパチンコに行く」とか言い出すパターンがほとんどです。

釣りという趣味も増えたけど、パチンコもやめられません。

最終的には、趣味にもお金がかかるし、それならお金が増える可能性があるパチンコだけに行こうとなります。

異性と付き合う

もし独身で付き合っているパートナーがいない場合、こういう提案もアルアルです。

しかし釣りと同じく、効果は、はじめの1ヶ月くらいです。

まずは、パートナー(カレシやカノジョ)を誘ってパチンコ店へ行くことになります。

パートナーがパチンコ嫌いな方なら、1人でパチンコに行きだします。

なぜかというと、異性と付き合ってもお金にならないからです。

副業バイト

副業バイトは、一見、生産的で健康な対処法に見えますが、逆効果です。

パチンコに行く時間もなくなるし、借金返済もできるし、「一石二鳥」とはじめは思います。

しかし、必ず、どうにか時間を見つけてパチンコを打ちに行きます。

まだパチンコ依存症です。

パチンコ脳です。

せっかくバイトで稼いだ金もパチンコに消えていくだけです。

スポンサーリンク

パチンコ依存症の克服と治療法

では、一体、どうすればパチンコ依存症から解放されるのでしょうか。

ヒントは、パチンコ脳にあります。

大事なのは、大当たりの感覚お金です。

パチンコ依存症克服はパチンコと同じ刺激を与えることで治る⁉

上記のアルアル失敗例は、なぜ失敗するのでしょうか?

それはパチンコ脳に刺激を与えない趣味や行動、つまり大当たりお金と全く関係ないことだからです。

そもそもお金がなくてパチンコに行っているわけです。

お金を増やすような趣味でないと長続きしません。

依存症ですから、覚せい剤と同じようなものだと思ったらわかりやすいかもしれません。

1度覚えた脳の回路を修復したり遮断しようとしても無理が生じます。

治療法で大事なことは、パチンコ脳に、パチンコしている時と同じ刺激を与えることです。

個人的な体験からの成功例を紹介します。

家パチ

一つ目は、どちらかというとお金よりも大当たりの感覚に惹かれている方向けの方法になります。

実機を買って、家で打つ、家パチです。

借金するようなこともなくなり、生活も破綻しません。

初心者でも安心サポート!家庭で楽しむパチンコ実機販売【A-PACHINKO】

はまっている台など最新機種も豊富にありますから、店に行かなくても大当たりの感覚が味わえます。

アフィリエイト

次からは、どちらかというと大当たりの感覚よりも、お金が欲しくてパチンコに通っている方向けになります。

元パチンコ依存症者が多い職種に、アフィリエイターがあります。

ブログやサイトを作成したり、YouTubeチャンネルを開設し、広告収入を稼ぐ方法です。

広告収入で報酬が得られた時は、大当たりと同じ感覚があります。

アフィリエイトで有名なサイトにはA8.net があります。

 

セルフバック機能がありますから、何もしなくてもお金が入ります。

 

 

1度でもセルフバックで報酬を受取れば、バカバカしくなって、自然とパチンコをやめることでしょう。

株(FX)

もう1つお金を増やす方法は、株式の購入orFXです。

大当たりの感覚を得られて、お金も稼げるのは、株式かFXになります。

といっても「株やFXはお金がかかる」と思っている人もいるかと思います。

どうせパチンコに行っている人は、毎月2~3万、下手すれば5万円くらいは使っていると思います。

そんなところにお金を捨てるなら、投資をしましょう。

 

 

毎日スマホで、自分が買っている株価やFXのチャートを眺めるわけです。

初心者でもオススメなFXができる証券会社は、DMM.com証券 です。

 

スポンサーリンク

まとめ

パチンコ依存症の理由と対策はいかがだったでしょうか。

すべての依存症は、脳の仕組みだと言われています。

1度記憶された脳の刺激自体は、多分、死ぬまで変えられないと思います。

しかし、同じ刺激を与えることで全ての依存症は克服できるはずです。

思考法を、ほんの少し変えれば、パチンコ蟻地獄から解放されます。

 

 

あと一番大事なことは。

家族や知人は、頼まれても、金をあげない!貸さないこと!です。

タイトルとURLをコピーしました