スポンサーリンク
※本ページはプロモーションが含まれています。

市民プールはメガネのままで泳げない?初めての方へ完全ガイド

生活知恵袋

市民プールに行った事ありますか。

子どもの頃なら夏休みに行っていたよ!という人は多いと思います。しかし、大人になってなかなか行く機会がなかったのではないでしょうか。

先日、久々に行ってみたらメガネをはずせ!と注意されて困惑しました。他にも、ちょっとビックリする規則のようなことがありました。

 

今回は、そんな市民プールの驚きを紹介します。

スポンサーリンク

市民プールはメガネのままで泳げない?初めての方へ完全ガイド

市民プールは、地方自治体が運営するプールになります。市営が多いですが、たまに県営のプールもあります。市営も県営も、同じく市民プールと呼びます。

基本的に住民票は関係なく、住んでいる市でなくても隣の市でも違う県でも、どこでも誰でも入れます。

※市内在住者は安くなる所もあります。

料金

2時間300円~500円のところが多いようです。

健康の為に毎日運動するならばchocozap などスポーツジムの方が安いかもしれませんが、週一や月一ならば市民プールが断然お得です。

子どもは半額高齢者と障がい者は無料障がい者手帳があれば身体も精神も関係なく同伴者1名無料というところもあります。

場所

市民運動公園とか県民運動公園とか市民体育館などと併設してあったりします。

1年中運営しているところが多いので、屋内プールが多いかと思います。

1年中温水プールだったり、冬は温水で夏だけは冷水のところもあります。

市民プールの入り方

レジャープールや海水浴に行っていた人が、いきなり市民プールに行くと戸惑うことがあるかと思います。

民間の営利目的ではないプールですから、サービス精神はほぼないと思ってください。ですから「こちとら、お客様だぞ」と思っていくと少々イラッとします。

謙虚に「健康の為にプールをお借りします」という気持ちで行けば、まず間違いないと思います。

私も、今回大人になってはじめて市民プールに行ったこともあって、まるで法律が違う他の国に行ったかのような錯覚を覚えました。

必要なもの

・水着

大体、みなさん下記のような競技用水着をはいています。

 

・帽子

受付で購入できるところもあります。

 

・ゴーグル

歩くだけなら必要ありませんが、泳ぐなら必要です。

・バスタオル

体を拭く為に必要です。

受付

まずは受付に行ってください。受付の場所は、プールの近くだったり同じ敷地内でもプールと離れたところにあったりしますから、事前に各施設のHPで確認しておくことをオススメします。

受付の横に券売機がある施設と、そのまま受付の人に料金を支払う施設とがあります。

高齢者や障がい者の方は券売機があってもスルーして、必ず受付の人に無料になるか同伴者も安くなるかなど聞いてみてください。

住所氏名を書いて、ロッカーの鍵をもらいます。

ロッカー

更衣室に入りますと温泉施設のようにロッカーがずらっと並んでいます。

鍵に番号が書いてあると思います。番号と同じロッカーを探してください。

貴重品など全てロッカーに入れ、鍵を閉めてください。

鍵にはゴムかバンドが付いていると思います。

手首にはめて、いよいよプールに入ります。

シャワー

プール手前に入水前用のシャワーがあります。

温水プールのところでも、このシャワーだけ冷たい場合があります。

冷たいけど、マナーですからしっかりシャワーを浴びましょう。

シャワーを浴びたら、いよいよプールサイドに到着です。

プール

プールに到着です。

はじめは、よく観察してみてください。

歩き専用レーン泳ぎ専用レーンとに分かれているところが多いと思います。

それぞれ目的のレーンに行って、いざスイミングです。

規則

市民プールには独自のローカルルールがあります。

市の職員ではなく、市から委託された民間の監視員が監視していて注意してくると思います。

あらかじめ知っておいた方がスムーズに泳げます。

メガネ禁止

メガネは禁止です。

メガネをかけて入ろうとしたら注意されました。

「歩くだけならいいですが、泳ぐ時はメガネを外してください」

正直、メガネをとったらほとんど見えないので、気が動転しました。

「もしメガネが割れたら他の利用者の目に破片が入り失明するかもしれません。決まりです」

家に帰り調べましたら、視力が悪い人の為に度付きのゴーグルがありました。

歩き禁止

泳ぐレーンで泳いでしまいました。

久しぶりのスイミングだった為、25mを泳ぎきることができず途中から歩いて壁まで辿り着きました。

すると監視員が待ち構えていました。
「泳ぐ専用レーンでは、歩いてはいけません」

ほんの少し歩いただけだったのですが、厳しい……。

「足をつくのは構いません」

まとめ

今回は、市民プールの話を紹介しました。

暑い夏はもちろん温水プールなど1年中やっていますので、是非、健康の為に利用してみてください。

健康の為には運動は不可欠です。1日あたり100円程度で市民プールよりも安いchocozapもおススメです。脱毛マシーンや日焼けマシーンなどもあります。

 

タイトルとURLをコピーしました