スポンサーリンク

Amazonカスタマーサービス中国人オペレーターの神対応に萌え!?

アマゾンサポート中国人 生活知恵袋

先日、人生ではじめてamazonのカスタマーサービスへ電話しました。

しかも、2回もしました。

1回目は問い合わせ、2回目は苦情でした。

1回目は日本人で、2回目は中国人でした。

さすがに中国人女性が出た時は、ビックリしました。

「おいおい、amazon大丈夫か?」と思ったのですが…。

結論からいうと、あまりの神対応に惚れてしまいそうになりました。

今回は、そんなamazonカスタマーサービスの中国人女性の神対応に萌えを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Amazonカスタマーサービスへ電話した経緯

はっきりした年月は思い出せませんが、ここ数年間ほど(少なくとも5年くらい)は、amazonオンリーです。

それまでは楽天市場を使っていましたが、Amazonプライム会員などのサービスや注文画面の使いやすさなどが気に入っていて、もう完全なるamazonユーザーになっています。

この5年間、1度もクレームを入れたことはありません。

amazonが間違えるはずないと思っていました。

しかし、今回、はじめてamazonが間違ったのです。

どういう経緯だったのか、順をおって紹介したいと思います。

amazon倉庫の在庫アリが本当はナイ!?

amazonで注文すると、大きくわけて2つの発送ルートがあります。

・1つは、業者から直接発送されるタイプです。

・もう1つは、amazon倉庫から発送されるタイプです。

実は、以前、業者からの発送商品を注文したところ、在庫アリだったのに1ヶ月近く待たされたことがありました。

それからは、同じ失敗がないよう、amazonから発送する商品だけを選んでいました。

今回も、amazon倉庫からの発送商品を選び、注文したわけです。

在庫アリで、商品の到着予定日が2~3日以内のものでした。

しかし、いくら待っても、発送済みにならず、2週間が経過しました。

注文した商品ページを確認すると、在庫アリになっています。

さすがに、何かシステム上の問題かもしれないと思い、電話して聞いてみることにしました。

1度目は日本人女性オペレーター

Amazonは、注文した商品画面からカスタマーセンターへ電話をかけることができます。

日本人女性オペレーターが電話に出ました。

コトの経緯を伝えると、「確認します」と言われました。

日本人女性オペレーターが電話口に戻ってきました。

「今確認したところによると、2日前に倉庫に入荷したそうです。間もなく、大体2日以内には発送されると思います」

「そうですか。1つ聞きたいのですが、ずっと在庫アリになっていますが、アレどういうことですか?こっちは在庫アリだから注文したのですが?」

「システムの問題のようで、申し訳ありませんでした。上司に報告しておきます」

そういうやりとりがありました。

まあ、もうすぐ発送されるようですし、日本人オペレーターの方も、わざわざ倉庫に確認してくれたようです。

ひとまず納得して、その日は電話を切りました。

1週間後にAmazonから突然のキャンセル

もうすぐだろうと思って待っていたところ、1週間後、突然、Amazonからメールが届きました。

前述の商品を、キャンセルしたとのことです。

why??

もうすぐ発送すると言っておきながら、突然のキャンセルです。

一体、どうなっているのか、全くわかりません。

さすがに、堪忍袋の緒が切れました。

ちょっと前に、こういう本が話題になっていましたし、Amazon、最近、大きくなりすぎてどうかしちゃったんじゃないか、と思いました。

created by Rinker
小学館
¥1,870 (2021/10/28 01:51:45時点 Amazon調べ-詳細)

話を戻します。

注文商品ページを見ると、まだ在庫アリになっています。

「おかしいだろ!!」

早速、2度目の電話をしました。

今回は、もう問い合わせというより、苦情です。

クレームです。

クレーマーと思われようと構いません。

こんなAmazonの横暴には、断固として抗議しないといけない。

それがamazonユーザーであり、プライム会員である使命だとも思いました。

中国人女性オペレーター登場

そういうことで、怒りを胸に、電話しました。

電話口に出たのは、日本語がたどたどしい中国人?女性でした。

中国人??

Why??

一瞬、そこで、戸惑いが生じました。

どうにか気を取り直して、コトの経緯を説明しました。

「先週電話したら、すぐに発送するといいながら、いきなりそっちからキャンセルされたんですが!どうなっているんですか!」

「カクニンシマス。シバラクオマチクダサイ」

中国人女性が電話口に戻ってきました。

「オキャクサマ、キャンセルニナッテイマス」

「ええ、そうなんです。それはメールでわかっているんですが、なぜキャンセルになったのかを聞きたいんですよ」

「ドウシテキャンセルナッタカ、ワタシニハ、ワカリマセン」

「では、わかる人に代わってください」

「システムノモンダイノヨウデス」

「ええ、だったら、システムの人に代わってください。商品ページ見たら、まだ在庫アリになっていますし、システムがおかしいんだから」

「システムノヒト、ワタシ、ワカリマセン」

「いや…わかりませんって言われても、これから何を頼りに買ったらいいかわからないでしょ?」

「モウイチド、ショウヒンチュウモンシテクダサイ、ダイジョウブデス」

「同じ商品頼む気になれませんよ。またキャンセルされるかもしれないし、信用できないですよ。ちょっと横暴なんじゃないですか?」

「オウボウ?」

「え~と、つまり、自分勝手という意味ですよ」

「アー、タシカニ!モウシワケアリマセン」

「もう、こんなことなら楽天に戻りますよ。Amazonプライム会員で、年会費払ってますけどね」

「プライムカイイン!アリガトウゴザイマス!」

「いえ、映画とか音楽とかありますし。今回だって、映画観るときに、キャラメルポップコーン食べようと思って注文したんですよ…」

「ワカリマス!ワタシモ、エイガミナガラ、キャラメルポップコーンデス!」

「え?そう?だったら、この気持ちわかりますよね?」

「ワカリマス!」

うーん、何か、カワイイ女性だなと思いました。

「まあ…もういいです。今度から気をつけてください」

「アリガトウゴザイマス!サイゴニ、シツモンアレバ、ドウゾ!」

「中国の方ですよね?」

「イマ、ニホンデス」

「いや、もともと?台湾?中国?」

「ハイ、チュウゴクデス」

「あなたは中国人のユーザー相手のオペレーターってこと?」

「ニホンデスカラ、チュウゴクノオキャクサン、イマセン」

「amazonのカスタマーサービスって中国の人多いの?」

「チュウゴクダケナク、ガイコクジン、オオイデス」

「10人くらい?」

「モット、100ニン?」

「へえ、そうなんですね。多いですね。まあ、ガンバッテね」

「ハイ!ガンバリマス!」

電話を切りました。

不思議と、もう怒りはどこかにいってしまいました。

スポンサーリンク

最後に

Amazonカスタマーサービスの中国人オペレーターに萌えはいかがだったでしょうか。

はじめは「大丈夫か??」という気持ちでしたが、最後には、カワイイ中国人女性と心の交流ができたかも、という満足感だけが残りました。

何だか幸せな気持ちにすらなりました。

中国人オペレーターは、日本語はたどたどしいですが、その分、こちらの話を親身になって真剣に聞いてくれたような気がします。

人間対人間として真摯な対応をしてくれたような感じです。

もちろん色々な中国人の方がいますから、一概には言えませんが、中国人オペレーターも悪くないな~と思いました。

企業の質って、カスタマーサービスのオペレーターの質で何となくわかると思います。

タイトルとURLをコピーしました