スポンサーリンク

箱なしで大丈夫!?集配で無料!?超簡単amazon返品方法ガイド

Amazon返品方法 生活知恵袋

今ではもう、amazonショッピングは、日常生活の一部になっています。

しかし、どれだけレビューを読みこんで購入しても、どうしても思っていた商品と違う時がありますよね。

「マジ、使えない」

「すぐ壊れたし」

amazonは、そんな時、簡単に返品できます。

「でも…商品の箱を捨ててしまったけど、返品できるかな??」

結論から言うと、amazonプライム対象商品で、amazon倉庫から発送されている商品なら、箱が無くても大丈夫です。

 

今回は、そんなamazonでの返品方法を完全ガイドします。

スポンサーリンク

箱なしでも大丈夫amazon返品方法ガイド

それでは、返品方法を、順をおって見ていきましょう。

流れとしては、返品期限内であるか確認→返品理由記入→返金方法選択→返送方法選択→返金完了となります。

1.注文履歴

amazon商品の返品期限は、大体、1か月くらいになります。※商品によって多少異なります。

返品しようと思ったら、まず返品期限を確認しましょう。

注文履歴から簡単に返品期限は確認できます。

〈PCの場合〉

画面右上に注文履歴ボタンがあります。

amazon返品期限

〈スマホアプリの場合〉

メニューから注文履歴を選択します。

スマホamazon注文履歴

2.返品期限

注文履歴を見ると、これまで購入した商品一覧が表示されます。

返品したい商品の返品期限がいつまでかを確認します。

〈PCの場合〉

amazon返品期限PC

商品横に返品期限が記載されています。

返品期限内であれば、右側の【商品の返品】をクリックします。

〈スマホアプリの場合〉

amazon返品手順スマホ

商品一覧を開いたら、赤丸で囲った矢印部分を押して、商品詳細を確認します。

Amazon返品

 

赤線の部分〈商品の返品〉に、返品期限が書かれています。

返品するなら、右の赤丸部分を押します。

3.返品理由

次に、返品理由を聞かれます。

項目から選んで、詳細な理由を記入します。

特に難しく考える必要はありません。

返品したい理由を素直に書きましょう。

〈PCの場合〉

amazon返品理由

返品理由の記入が終わったら赤丸部分〈次へ進む〉をクリックします。

〈スマホの場合〉

PCとほぼ同じです。

まず返品理由を選択します。

Amazon返品理由選択

次に具体的な内容を記入します。

Amazon返品理由2

最後に〈次に進む〉を押します。

4.返金方法

返金方法で、おススメは、amazonギフト券になります。

返品後、大体、1週間以内にギフト券に追加されます。

5.発送方法

発送方法は、ヤマトへの持ち込み集荷になります。

どちらの方法を選んでも配達料は無料です。

おススメは、やはり集荷です。

あて名書きも必要なく、ただ段ボールに入れて、待つだけです。

集荷日は、返品依頼した翌日から選択できます。

amazon返送方法

6.商品の箱なしでも返品できる?

返品依頼をしたあとは、返品する商品を段ボールに入れます。

この時、商品の箱を捨てている場合もあるかと思います。

商品の箱を捨てた後に、購入した商品が故障し返品する時にイチかバチかで返品したことがありました。

結論から言うと、大丈夫でした。

商品の箱がなくても、何の問題もなく、返品処理できます。

7.ギフト券へ返金

商品の集荷で返品したあと、3日後くらいにamazonギフト券として返金されていました。

多少のずれはあるかと思いますが、1週間以内には返金されるかと思います。

〈Amazon.co.jp返金の確認〉というタイトルでメールが届きます。

Amazon返金メール

まとめ

今回は、amazon商品の返品方法について紹介しました。

amazonでの返品は、とても簡単です。

返品の流れを再度まとめます。

1.返品期限を確認。←返品期限内であれば返品可能。大体、1か月程度。
2.返品理由を記入。←素直に記入。
3.返金方法を選択。←amazonギフト券がおススメ。
4.返送方法を選択。←集荷がおススメ。商品の箱なしでもOK。
5.ギフト券へチャージされる。←1週間以内。

以上になります。

商品が気に入らなかったり、1か月以内に故障した場合など、諦めず、気軽に返品したらいいと思います。

Amazonライフを楽しんでください。

※最後になりますが、今回は、amazonプライム対象商品で、amazonが発送している商品に関する返品方法になります。

タイトルとURLをコピーしました