富士通 My Cloud 事務局を名乗る詐欺メールの見破り方

富士通スパムメール 詐欺メールの見破り方

先日、【ご案内】富士通パソコンご利用者様へお知らせというメールが届きました。

差出人は、富士通 My Cloud 事務局となっていました。

富士通のPCは購入したことがありませんから、すぐにまたフィッシングメールだと気づきました。

ただこれは利用していないから気づいただけで、このメールはかなり精巧な作りでしたから、もし利用していた場合は気づかない可能性大です。

なにしろHTMLメールで画像もあり装飾もありで、かなり本物っぽい作りだったのですから!

今回は、そんな富士通 My Cloud 事務局を名乗るフィッシングメールの見破り方を紹介します。

スポンサーリンク

富士通 My Cloud 事務局を名乗るフィッシングメールの見破り方

それでは早速富士通を名乗るフィッシングメールをひとつずつ分析していきましょう!

メールアドレスの確認

まず確認するのは、差出人のメールアドレスです。

差出人の名前は、富士通 My Cloud 事務局ですが大事なのはメールアドレスです。

今回のメールアドレスは、xeeqf@houcon-groep.comとなっていました。

何か適当な感じのメールアドレスですよね。

これはこの時点でフィッシングメール確定です!

ただ気を付けないといけないのは、メールアドレスが本物と同じ場合があります。

詳しくはこちらの記事auじぶん銀行を騙る入金制限のお知らせ詐欺メールの見分け方とはをご覧ください。

 

 

ホームページURLの確認

メールアドレスの時点で明らかに嘘くさいのですが、一応、富士通 My Cloud 事務局のホームページのURLを確認しておきましょう。

こちらが正式なホームページのURLです。→https://azby.fmworld.net/

メールアドレスの@から後ろのhoucon-groep.comと照らし合わせてみても全く違う事が分かります。

これで完全にフィッシングメールであることがわかりました。

次に本文を確認しておきましょう。

メール本文

メール本文に移る際に、一番上に画像が表示されない場合はこちらをお読みくださいと書いてあり、リンクが貼られています。

このリンクのURLは、全く違う以下のサイトに繋がっています。

 

頭にhttps://を付けて、evocati.swiftrfp.com/track/click?redirect_url=3114399997&venue_id=92

 

こんなデタラメなサイトは絶対クリックしないようにしましょう!

スマホで見た場合は画像が表示されますが、PCで見た場合はHTML表示に切り替えても画像が表示されない場合はこちらをお読みくださいしか出てきませんからPCメールの方は特に注意してください!

続けて本文です。

【ご案内】富士通パソコンご利用者様へお知らせ
2023年5月1日
My Cloud
本メールは、「My Cloud プレミアムあんしんスタンダード」未加入のお客様へ  お届けしております。
パソコンをご利用中にこんなお悩みありませんか?
▼ パソコンが急に起動しなくなった・・
▼ ゲームを楽しみたい
▼ パソコンの操作方法がわからない
▼ Wordで資料を作りたい

さらに本文が続いていくのですが、本文は、もう完全に本物っぽい作りです。

多分本物をコピーしているのでしょう。

ただ日付が間違っていました。

送られてきたのは6月の終わり頃でしたが、5月1日になっています。

まあここは変えなかったようで少し詰めが甘いところがありますね。

本文中に入っているリンク先が全て上記のサイトに繋がっていますから、うっかり一つでもリンクを押してしまうとビックリ仰天することになるでしょう。

ゼッタイにリンクに飛ばないようにしましょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、富士通 My Cloud 事務局を名乗るフィッシングメールについて紹介しました。

今回は第一チェックポイントとして、まず初めにメールアドレスを確認することを実践していれば騙されることはありません。

差出人のメールアドレスが嘘っぽい事と公式ホームページのURLと違う事で、すぐにフィッシングメールと気づけると思います。

ただ本文は極めて精巧な作りでした。

今まで本文は三井住友カードからの詐欺メール「支払いが無効になっています」解説の記事でも紹介したように、デタラメな日本語が多くhtmlメールで送る技もなかった詐欺師たちですが、だんだんと進化していっています。

 

 

是非とも注意してください!

タイトルとURLをコピーしました