通報?無視?誰にでも起こりうるネットストーカー事例と防犯対策まとめ

※本ページはプロモーションが含まれています。
ストーカー対策 生活知恵袋

1億総ネット時代です。ほとんどの方がスマホを持っていますし、ネット上に何らかの発信の場を持っていることと思います。

そういうことから様々な事件が起きています。

誰もがストーカーの加害者や被害者になり得る環境だろうと思います。

今回は、そんな経験から現代病とでもいうべきストーカー対策について紹介します。

やめたい?通報?無視?経験者が語るネットストーカー事例と対策

ネットストーカースマホ依存症、この2つはほぼセットになっています。

もしネット上に人っ子1人いなければネットストーカーにもなれないし、病的なほどのスマホ依存症にもなりません。

※現在やこれからすぐ何らかの危険がありそうな方は24時間365日自宅を見守ってくれるALSOKホームセキュリティ がおススメです。

ネットストーカーの誕生

そもそもはじめからストーカーする気でスマホを所有した人は少ないことでしょう。色々と便利だからスマホを持ったわけです。

しかし、スマホを開けば色々なSNSサイトがあり画面の中に誰かいるわけです。知っている人はもちろん、よく知らない人ももう1億総ネット時代ですからたくさんいるわけです。こうなれば単純な好奇心(病的ではありません)から誰もが知りたい欲求に駆られ、色々と調べることになります。

そして気づいた時にはネットストーカー化していたという流れが大半なのです。

ネットストーカーの心理と真相

一口にネットストーカーといっても色々なタイプ(型)があります。

大きく分けて3つのタイプに分けられます。

事例1:芸能人・有名人のネットストーカー

このタイプのネットストーカーが一番王道だろうと思います。

もともと芸能人や政治家、最近ではユーチューバーなどは人に見てもらってなんぼの商売です。自らインターネットを使い情報発信をしています。

ですから芸能人や有名人に興味を持つこと自体に何の問題もありません。ここまではただのファンですし健全な支持者にすぎません。

芸能人などは片思い(プラトニック)の擬似恋愛を仕掛けています。芸能人は「片思いのままでいてくれよ。それ以上はないけどね」と願っています。昔はコンサートなどで目があったと思い込むだけでファンは幸せでしたが、実際に面とむかって目を見つめられ握手などもできますから両想いの要素が加わってきます。

こうなると線引きがややこしくなってきます。

肉体的接触だけではありません。SNSやブログを介しメッセージやコメント(ファンにとってはラブレターのようなもの)を書いた際に返信などがあります。ラブレターに返信があるわけですからますます両想いの要素が加わることになります。

ネット時代ではこのようにしてだんだんと「片思い」の線からはみ出しいきます。

問題になるのは、ネットやTVの外側つまりリアル(肉体世界)で「両想い」の実現(自分の存在を認知してもらうこと)を目指して色々行動することです。

そもそも有名人にとってファンは見知らぬ存在です。ストーカー云々の前に見知らぬ他人にいきなり「好きです。真剣です」と言われたら、どんな場面でも「気持ち悪い」ことでしょう。

ネットストーカー側の対策

現在、有名人にたいして何らかの現実世界でのストーキング行為をしている方は、こう思ってこれを機にやめてください。

あなたは芸能人や有名人を調べつくして知っているつもりかもしれませんが、芸能人や有名人はあなたのことを知りません

芸能人や有名人(ユーチューバー含む)の握手やその他スキンシップ・メッセージの返信などは、コンテンツ(動画、音楽)を見てもらう(商売の)為のサービスに過ぎません。

あなたに望まれていることは「片思い」です。

それもモジモジして告白できないプラトニックな「片思い」です。上記のことを肝に銘じないと、こういう世情ですからあなたの家に警察がお出ましになる可能性が出てきます。

 

事例2:知り合いへのネットストーカー

1億総ネット時代ですから、職場や学校の知り合いもツイッターやインスタグラムやフェイスブックなどのSNSをしていることが多いでしょう。

ですから、それほど親しくないから直接聞けない人、ちょっと気になる人くらいを検索してしまい、その後ストーキング対象化してしまうようになります。はじめは軽い気持ちで「〇〇さんって何かSNSしているのかな~」と検索するわけです。現在の同僚やクラスメートはもちろん過去付き合った元恋人の現在や、むかし片思いだった人などを検索するわけです。

ここで検索しても何も出てこなければ、それ以上発展しないレベルの「ちょっと気になる」が発端ですから「してないのか、まあいいか…」で終わるのですが…。しかし、1億総ネット時代ですから大概お目当ての人のSNSが出てきたりするわけです。はじめは「へえ~」というだけのことが、そのうち「もっともっと」となるのが人の常です。

そのうち検索し尽くしネット上の情報が途絶えれば、もう自分の足で新たな情報を探すしかありません!幸か不幸か検索対象はネットではなく身近にいるわけですから、現実世界でもストーキング行為をしていくことになるかもしれません。

こうなれば本当のストーカーです。

ネットストーカーの被害にあわない方法(被害者側の対策)

この手のストーカー被害にあわない為の方法は何でしょうか。

まず第一に不用意にネット上でプライバシーをさらけ出さないことでしょう。

イケメンや美人やその他人間力などの魅力がある方は特に注意が必要です。ただ好きな方からひがみ根性の方まで幅広い層からのストーキングを受ける可能性があります。特に、本名や住所などは特定されたら面倒です。

有名人になって商売しようと思っている人以外はいっそ非公開で本当の友人知人だけに閲覧を制限するか、すべて匿名でSNSに登録し自己表現した方が賢い選択です。

ネットストーカーにならない方法(加害者側の対策)

では次に、加害者にならない為にはどうすればいいのでしょうか?

1度発動した好奇心により検索を止める事はできないかもしれません。だとしたら大事なことは検索した後の心構えになります。まず第一に直接聞ける距離にいながら覗きみたいにコソコソ検索してしまった自分を恥じることです。

さらに普通に面と向かって話していく中で「実はむかしキミのSNSを無断で見てしまった」と告白できるようになるまで親しくなったらストーカーではなくなります。それが出来ないならば潔く忘れましょう!

検索してしまったことは我が人生において一生の不覚だった。ネットで見たことは彼や彼女の過去でしかないのだ。こんなことは胸にしまっておこう。

こう胆に銘じ言動を慎まないと警察のご厄介にならないとも限りませんから、注意が必要です。

事例3:全く知らない人へのネットストーカー

こちらは有名人でも知り合いでもなくネットで知った人へのストーカーになります。もともと知らなかっただけに新鮮です。写真と文字だけで生で対面したことが無い場合は全てが神秘に満ちており、ものすごく興味を惹かれる事でしょう!
一番、事件になりやすいのはこのパターンかもしれません。
というのも加害者側の過剰な好奇心もあり謎を追いかけるミステリーハンターの要素もありますから無我夢中になります。
一方の被害者にとっても何らかの関係性があれば警察への被害届もためらいが生じますが、全く知らない人ですから一切の躊躇なく警察に駆け込めるわけです。

ネットストーカーされない方法(被害者側の対策)

ストーカーの好きは言うまでもなく『ほぼ妄想』です。知らないからこそ興味が湧いているだけです。知ってしまえば本当はたいした人間ではない事に気づくはずです。
被害者にならない為にはネットで格好をつけないことです。大した人間だと勘違いされないようにしましょう。普段のだらしないダメな自分をさらけ出せば誰もストーカーなどやる気にもなりません。

ネットストーカーにならない方法(加害者側の対策)

一方、加害者にならない為にはこう胆に銘じておくことでしょう。

全て自分が作り出した自分に都合の良い妄想にしかすぎない

このことを忘れると警察のご厄介になるかもしれませんから注意が必要です。

まとめ

今回は、ネットストーカーの話を紹介しました。
被害にあわない為にははじめからネット上でも返信をしないことです。1度でも返信した後に無視しはじめると怒りや悲しみからますますストーカー化するだろうと思います。
今回はネットストーカーの話をしましたが、一番恐ろしいのは元交際相手や元結婚相手がストーカー化したケースです。住所を含め全てを知っている相手ですから、一番、重犯罪化しやすくなります。警察が相手にしてくれない場合は命の危険性もありますから、住所を変え職場も変えた方が得策です。
現在やこれから何らかの危険がありそうな方は24時間365日自宅を見守ってくれる【ALSOKホームセキュリティ】がおススメです。まずは資料請求だけでもして不安を取り除きましょう!
タイトルとURLをコピーしました